Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

手術手技シリーズ 舟状骨骨折後偽関節に対する関節鏡視下手術の実際

電子書籍のみ

  • 坪川 直人(財団法人新潟手の外科研究所)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    舟状骨偽関節に対する鏡視下腸骨移植は最小侵襲外科手術である.手関節鏡に精通すれば容易に行える手技であり,関節鏡使用により舟状骨周囲の靭帯構造,血流を傷害することなく早期の骨癒合,可動域,握力の早期機能回復が期待できる.採骨部の疼痛も少なく術翌日には歩行可能である.しかし長期間の偽関節で骨硬化の非常に強い症例,DISI変形が強い症例,関節鏡視できない遠位,近位骨折に対しては限界がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

坪川 直人
財団法人新潟手の外科研究所