Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

手外科における関節リウマチ

電子書籍のみ

  • 岩本 卓士(慶應義塾大学)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    関節リウマチの薬物療法の進歩に伴い手術適応も変遷し,小関節に対する形成手術が増加傾向にある.従来の人工関節ばかりでなく,疾患活動性がコントロールされた状態での関節を温存した軟部組織再建も見直されるべきである.手術に際しては手指変形に至る解剖学的機序を理解したうえで,変形の程度,各指の機能を考慮して適応を決定し,人工関節を使用する場合においても十分な軟部組織再建を併用することが重要である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Surgery for the rheumatoid hand
岩本 卓士
慶應義塾大学医学部整形外科