Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

三角線維軟骨複合体損傷

電子書籍のみ

  • 面川 庄平(奈良県立医科大学)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    TFCC(三角線維軟骨複合体)の機能と解剖,診断と治療について解説する.TFCC損傷の診断は,主に関節円板損傷と靱帯損傷とに分けて考慮する.外傷性TFCC 断裂の場合,関節円板損傷に対して部分円板切除術を,靱帯損傷に対して靱帯縫合術あるいは再建術を行う.尺骨突き上げ症候群に伴うTFCC の変性断裂の場合,尺骨短縮骨切り術あるいは尺骨頭切除術を行う.尺骨短縮骨切り術を行う際に,関節円板損傷に対して円板切除術を併用する場合がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Triangular fibrocartilage complex: diagnosis and treatment
面川 庄平
奈良県立医科大学整形外科