Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

手根不安定症の最新の治療

電子書籍のみ

  • 中村 俊康(慶應義塾大学)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    手根不安定症(carpal instability)は手根骨間靱帯損傷に伴い手根骨間関節や手根中央関節が不安定になる病態で,その際,月状骨は背屈する DIS(I dorsal intercalated segment instability)変形と掌屈する VIS(I volar intercalated segment instability)変形を生じる.特に舟状月状骨間靱帯損傷・同解離の場合にはDISI 変形を,月状三角骨間解離の場合にVISI 変形を生じる.本稿では手根不安定症の病態,診断を説明し,特に舟状月状骨間靭帯損傷・同解離の治療について解説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Current trends for treatments of carpal instability
中村 俊康
慶應義塾大学医学部整形外科