Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

手外科領域の超音波エコー診断

電子書籍のみ

  • 亀山 真(東京都済生会中央病院)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    手外科領域では軟部組織病変が体表に近く存在するため,高周波数のリニア式探触子を用いた超音波エコーによる画像診断が,病態の解明に非常に有効である.探触子は,皮線や骨性隆起をメルクマールとし,検査対象物に対してできるだけ垂直にあてることが基本である.手外科領域で頻度の多い狭窄性屈筋腱腱鞘炎ではdark tendon sign,腱症,および腱の滑走障害の動画所見,手根管症候群では正中神経の形状変化が有用な情報である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Ultrasonography in hand surgery
亀山 真
東京都済生会中央病院整形外科