Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

手外科における痛みの諸問題-CRPSについて-

電子書籍のみ

  • 西浦 康正(筑波大学)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    CRPSは,多様な病態を含む症候群である.手外科医は,CRPSを治療する機会のみならず,外傷の初期治療や手術などCRPSの発症からかかわる可能性がある.その治療や予防のためには,その原因や病態を理解することが必要である.最近,CRPSの新しい診断基準・判定指標が提唱されているが,CRPSの診断にこだわること自体は,重要なことではない.個々の症例ごとに,病態に応じた治療法を選択し,早期から有効な治療を開始することが重要である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Diagnosis and treatment of complex regional pain syndrome
西浦 康正
筑波大学附属病院地域臨床教育ステーション