Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術の最近の話題

電子書籍のみ

  • 今谷 潤也(岡山済生会総合病院)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    橈骨遠位端骨折に対する手術的治療において,近年急速に普及した掌側ロッキングプレート固定術はその良好な初期固定性から本骨折治療のゴールドスタンダードともいわれるようになった.しかし最近ではさまざまな術後合併症が報告され,二次的手術を要するような重大合併症は他の術式よりもむしろ多いというSystematic reviewもある1).本稿では掌側ロッキングプレート固定術の最近の話題として,プレートデザインの変遷と現状,術後合併症と対策,その適応と限界について詳述するとともに,筆者らが進めている術式の“標準化”についても言及する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Current concept of a volar locking plate fixation for distal radius fractures
今谷 潤也
岡山済生会総合病院整形外科