Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

くびれを伴う末梢神経障害-特発性前骨間神経麻痺,特発性後骨間神経麻痺を中心に-

電子書籍のみ

  • 越智 健介ほか(東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    特発性前骨間神経麻痺および特発性後骨間神経麻痺では,その責任神経束に「くびれ」が存在することが多い.ここでは自験例に基づき,多施設間での情報交換や症例蓄積のために必須ともいえる「くびれ」の定義,特発性前骨間神経麻痺に対する手術法,特発性後骨間神経麻痺に対する保存療法と手術療法の適応などをご紹介する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Peripheral neuropathies with fascicular constrictions
越智 健介* 堀内 行雄** 田崎 憲一***
*東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター整形外科
**川崎市立川崎病院整形外科
***荻窪病院整形外科