Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

橈骨遠位端骨折に対する髄内釘を用いた手術

電子書籍のみ

  • 西脇 正夫(慶應義塾大学)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    橈骨遠位端骨折用の髄内釘であるMICRONAIL を用いた手術では,すべての筋肉および骨折部周囲の骨膜が温存され,近位横止めスクリュー以外のすべての内固定材料が骨内に埋没するため,軟部組織への侵襲が最小限である.固定性が得られる骨折型が限定されているため,その適応が重要であり,背側転位型関節外骨折に適応を限定すれば,早期運動に十分な内固定力が得られる有用な治療手段である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Treatment of distal radial fractures with an intramedullary nail
西脇 正夫
慶應義塾大学医学部整形外科