Bone Joint Nerve通巻第9号第3巻第2号

末梢神経麻痺における最新のMRIについて

電子書籍のみ

  • 高木 岳彦ほか(Christine M. Kleinert Institute for Hand and Microsurgery)
  • 発行日:2013年04月10日
  • 〈抄録〉
    MRIは臨床の現場では欠かせない画像診断技術であるが,末梢神経の場合,周囲組織との信号コントラストがつきにくいことから,その有用性は低いと考えられてきた.しかし,末梢神経の形態変化や変性程度の詳細な画像診断が実現すれば,病変の局在,病態の解明,予後予測,手術の適否の決定がより明確となる.本稿では,MRIによる末梢神経の可視化,特にわれわれが行ってきた拡散テンソルトラクトグラフィーを中心に概説し,今後の展望にも言及した.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

MRI for peripheral nerve palsy
高木 岳彦* 藤吉 兼浩** 疋島 啓吾*** 岡野 栄之**** 戸山 芳昭***** 中村 雅也*****
*Christine M. Kleinert Institute for Hand and Microsurgery
**独立行政法人国立病院機構村山医療センター整形外科
***実験動物中央研究所病理病態研究部画像解析研究室
****慶應義塾大学医学部生理学
*****同 整形外科