肝胆膵第82巻第2号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/肝内胆管癌を極める
  • 発行日:2021年02月28日
  • <企画趣旨>
    肝内胆管癌は,腫瘍の局在に着目した分類(肝門部型胆管癌,末梢型胆管癌)や腫瘍の肉眼型による分類(腫瘤形成型胆管癌,胆管浸潤型,胆管内発育型)など種々の分類が存在する.しかしながら,このような解剖学的所見に基づく分類は,腫瘍径が大きくなって見つかることの多い肝内胆管癌では不都合なことが多い.また種々の分類や名称が混在する状況は臨床現場を困惑させる理由の一つになりかねない.
    この問題に一石を投じたのが2019年に改訂された第5版WHO分類である.この分類では,胆管癌を小型胆管タイプ(small duct type)と大型胆管タイプ(large duct type)の二種類に亜分類することにした.このコンセプトは,胆管癌の発生母地となる胆管細胞が局在する胆管の大きさによって異なることに起因する.たとえば,大型胆管を裏打ちする胆管細胞は粘液を産生するのに対し,小型胆管に局在する胆管細胞は粘液産生を認めない.当然,これらの胆管細胞の性質の違いは腫瘍を形成した時にも反映される.重要なことは,この分類は,臨床病理学的所見だけでなく,分子生物学的所見の違いも反映しており,今後胆管癌の日常診断ならびに治療選択において有用な役割を果たすと期待されている.例えば,IDH1/2mutation, FGFR2 fusionをターゲットにした分子標的治療薬の臨床治験が良好な成績を収めているが,これらのmutationはsmall duct typeの胆管癌に多く認められることがわかっている.
    肝内胆管癌と正確に診断する事は分類以前に必要不可欠である.しかしながら,肝内胆管癌は,細胆管癌,混合型肝癌,サイトケラチン19陽性肝細胞癌との鑑別が日常診療で問題になることが少なくない.このようにほかの原発性肝腫瘍との鑑別が必要になる胆管癌はいわゆる腫瘤形成型の胆管癌とよばれるものである.よって胆管癌の診断の精度を上げるうえで鑑別疾患を理解することは重要である.
    以上から,本稿では,肝内胆管癌の基礎から臨床まで最新の知見を網羅し,鑑別が必要な疾患群の理解,そして将来に向けて改善すべき問題点を明確にする事により,肝内胆管癌の理解を深めるだけでなく,日常診療におけるバイブル的なものになることをめざすものとする.

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕肝内・肝外,境界はどこ? 愛知県がんセンター 梛野 正人
Ⅰ.はじめに
 肝内胆管癌をめぐる現状と将来の展望−第5版WHO分類を中心に− 慶應義塾大学 小無田 美菜
Ⅱ. 肝内胆管癌の臨床
 肝内胆管癌の疫学,危険因子および臨床像 大阪市立大学 久保 正二,他
 肝内胆管癌の分子学的診断 がん研究会有明病院 伊藤 寛倫
 肝内胆管癌の画像診断(US,CT,MRI,PET-CT) 信州大学 山田 哲
 肝内胆管癌に対する内視鏡的逆行性胆管造影検査と病理診断の現状 久留米大学 岡部 義信,他
 肝内胆管癌のStage分類(UICC/AJCC分類と原発性肝癌取扱い規約) 名古屋大学 三竹 泰弘,他
 肝内胆管癌の外科的治療−切除可能性から治癒可能性へ:緻密な手術戦略とtransplant oncologyがもたらすパラダイムシフト− 北里大学 竹村 裕介,他
 肝内胆管癌の薬物療法 国立がん研究センター中央病院 佐竹 智行,他
Ⅲ.肝内胆管癌の病理
 胆管上皮細胞のheterogeneity−組織分子生物学的な観点から− 金沢大学 佐々木 素子
 肝内胆管癌の前癌病変 King’s College Hospital 全 陽
 肝内胆管癌の病理 福井県済生会病院 中沼 安二,他
 肝内胆管癌の分子生物学的特徴 東京医科歯科大学 谷合 智彦,他
 肝内胆管癌における組織生検・細胞診診断 久留米大学 内藤 嘉紀,他
Ⅳ.肝内胆管癌と鑑別が必要な疾患−細胆管癌,混合型肝癌,サイトケラチン19陽性肝細胞癌− 
 細胆管癌,混合型肝癌,サイトケラチン19陽性肝細胞癌の病理 佐賀大学 相島 慎一
 細胆管癌,混合型肝癌,サイトケラチン19陽性肝細胞癌の画像診断 金沢大学 小坂 一斗,他

座談会
肝内胆管癌の分類・亜分類と治療選択 (司会)坂元 亨宇(慶應義塾大学)/有泉 俊一(東京女子医科大学)/小坂 一斗(金沢大学)/小無田 美菜(慶應義塾大学)