肝胆膵第77巻第3号

慢性膵炎における膵癌リスク因子−スクリーニング法など−

電子書籍のみ

  • 高山 敬子(東京女子医科大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    慢性膵炎は膵癌のリスク因子の一つであり,膵癌の発生リスクが非常に高い疾患である.経時的に発癌リスクが増加することが知られており,特に遺伝性膵炎・喫煙・飲酒・糖尿病などほかのリスク因子も有するハイリスク症例では,膵癌の発生に注意して慎重かつ定期的なスクリーニングが必要である.また,膵癌の発生リスクを抑えるために喫煙や飲酒といった介入可能なリスク因子を低減するべく生活指導をすることも重要である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Risk of pancreatic adenocarcinoma in patients with chronic pancreatitis
高山 敬子
東京女子医科大学消化器内科