肝胆膵第77巻第3号

C型肝炎ウイルス感染による肝発癌

電子書籍のみ

  • 島上 哲朗,他(金沢大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    C型肝炎ウイルス(以下HCV)の正常肝への感染により,肝臓は慢性肝炎から肝硬変へと変化し,肝硬変からは高率に肝癌が発生することが知られている.HCVによる肝発癌の機序は,以前よりさまざまなものが報告されてきた.HCVウイルス蛋白質による作用,ホスト因子,遺伝因子などが複雑に相互作用し肝発癌を促進していると考えられているが,いまだにその機序の解明には至っていない.HCV複製を直接阻害する抗ウイルス薬(direct-acting antivirals:以下DAA)の登場により大部分の症例でウイルス駆除が可能となったが,HCV駆除後の症例からも肝発癌のリスクは残存している.今後は,HCV駆除後の肝発癌機序の解明,HCV駆除後の肝発癌を予測しうるバイオマーカーの開発が重要と考えられる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Hepatocarcinogenesis due to hepatitis C virus infection
島上 哲朗*1,2 金子 周一*2
*1金沢大学附属病院地域医療教育センター
*2同 消化器内科