肝胆膵第77巻第3号

肝炎ウイルスとその病態

電子書籍のみ

  • 小原 恭子,他(鹿児島大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    ウイルス性肝炎のうち,日本に多く肝癌の発生と密接に関連しているのは,B型肝炎ウイルス(HBV)とC型肝炎ウイルス(HCV)である.ウイルスの診断や治療薬の開発が進み,これらのウイルスの制御も大きく進歩したが,依然として肝癌の制御には解決すべき問題が多く残されている.HBVはDNAウイルスであり,HCVはRNAウイルスで複製様式も異なるが,いずれも持続感染化しやすく,肝癌の発生と深く関係している.本稿では,これらのウイルスの特徴をまとめて紹介する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Pathogenesis of hepatitis viruses
小原 恭子*1 小原 道法*2
*1鹿児島大学共同獣医学部附属越境性動物疾病制御研究センター病原体研究部門分子病原微生物研究分野
*2公益財団法人東京都医学総合研究所感染制御プロジェクト