肝胆膵第77巻第3号

慢性炎症と膵発癌

電子書籍のみ

  • 古川 徹(東北大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    膵炎と膵癌の関係は極めて密接であり,慢性膵炎患者の膵癌発症リスクは13.3倍で,遺伝性膵炎では69.0倍とされている.膵癌の高リスク群として知られる遺伝性膵炎にはPRSS1,CPA1,SPINK1/PSTIの変異が関与している.実験的にマウスモデルにおいて変異Krasを背景に膵炎が遷延し,膵癌発生が促進されることが示されている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Chronic inflammation and carcinogenesis in the pancreas
古川 徹
東北大学大学院医学系研究科病理形態学分野