肝胆膵第77巻第3号

膵・胆管合流異常と胆道癌

電子書籍のみ

  • 石橋 広樹,他(徳島大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    膵・胆管合流異常は,胆道発癌のハイリスクな病態であり,胆管内に膵液が逆流することにより,変異原物質が産生され胆道粘膜の持続的な炎症が繰り返される.炎症に伴い誘導されるサイトカイン,ケモカインや増殖因子の刺激も関与し,胆道粘膜に過形成性病変が形成され,胆道粘膜の細胞増殖活性が充進する.その結果,慢性炎症を基盤とする胆道粘膜上皮にはK-rasやp53をはじめとした種々の癌遺伝子の変異が引き起こされ,hyperplasia-dysplasia-carcinoma sequenceによる胆道癌の発生が推定されている.本稿では,発癌に関して,全国登録症例からの胆道癌発癌の現況とその発癌メカニズムについて自験例での検討を含めて概説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Carcinogenesis mechanism of biliary tract cancer for pancreaticobiliary maljunction
石橋 広樹*1 島田 光生*1 森 大樹*1 森根 裕二*1 安藤 久實*2
*1徳島大学病院外科
*2日本膵・胆管合流異常研究会