肝胆膵第77巻第3号

胆管障害からの肝外胆管癌発癌−IL-33の関与−

電子書籍のみ

  • 中川 勇人,他(東京大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    最近われわれは胆管上皮細胞特異的にKras,TGFβR2,E-cadherinの三つの遺伝子変異を導入することによって,胆管壁浸潤型の肝外胆管癌マウスモデルを樹立することに成功し,その発癌プロセスのなかで炎症性サイトカインIL-33が重要な役割を果たすことを見いだした.さらに発癌過程を詳細に観察することによって,胆管癌が胆管周囲付属腺という胆管周囲にある腺組織から発生しうることを明らかにした.本モデルは胆管癌の発癌機序解明だけでなく,新たな予防法の開発や新規薬剤の前臨床試験など,さまざまな方面で有力なツールになると期待される.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The role of IL-33 in biliary epithelial injury-related extrahepatic cholangiocarcinogenesis
中川 勇人 小池 和彦
東京大学消化器内科