肝胆膵第77巻第3号

肝炎と酸化ストレス

電子書籍のみ

  • 原 裕一,他(川崎医科大学)
  • 発行日:2018年09月28日
  • 〈要旨〉
    C型肝炎,NASHでは酸化ストレスが惹起され,ミトコンドリア障害を引き起こす.このミトコンドリア障害がさらなる酸化ストレスの増強に関連し,病態進展や肝発癌に関連する.ミトコンドリアにはオートファジー(マイトファジー)による品質管理機構が存在し,障害されたミトコンドリアは処理されるが,C型肝炎,NASHではオートファジー(マイトファジー)が抑制されているため,酸化ストレスが増強されている.オートファジー(マイトファジー)の抑制は正常細胞と腫瘍細胞では二面性をもち正常細胞には細胞内環境悪化(負の方向)に働き,腫瘍細胞では腫瘍増殖を促進する方向(正の方向)に働く.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Oxidative stress-related carcinogenesis in hepatitis
原 裕一 日野 啓輔
川崎医科大学肝胆膵内科学