Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

筋肉と脊柱管狭窄症―ロコモティブシンドロームの関連

電子書籍のみ

  • 酒井 義人(国立長寿医療研究センター)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    高齢者の腰部脊柱管狭窄症におけるサルコペニアの合併は24.3%に認めたが,ADLに対する影響は顕著ではない.サルコペニアでは体幹筋の萎縮は脊柱起立筋を中心に認められ,腰椎安定性に重要である腰部多裂筋において萎縮は認められないことが一因と考えられる.ロコモティブシンドロームではサルコペニアを高率に引き起こし,ADL障害を呈した手術例ではサルコペニア合併により回復は不良であることから,治療においては考慮すべき状態である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Muscle and canal stenosis in relation to locomotive syndrome
酒井 義人
国立長寿医療研究センター脊椎外科