Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

サルコペニア診断のための筋量, 筋力の評価法

電子書籍のみ

  • 島田 裕之ほか(国立長寿医療研究センター)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    サルコペニアの中核症状は骨格筋量の減少と筋力低下で,その評価はサルコペニア診断にとって重要である.筋量と筋力の測定方法はいくつかあるが,いずれも一長一短がある.測定者は精度や簡便性,実用性といった点から適切な検査方法を選択する必要がある.近年では,サルコペニア判定のために筋量のみでなく筋力や歩行速度の評価を含めたアルゴリズムが提唱されているが,これらの判定基準は明確ではなく,サルコペニアを診断するための日本人を対象とした基準値の設定が必要である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The assessments of muscle mass and strength for diagnosis of sarcopenia
島田 裕之 吉田 大輔
国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター自立支援開発研究部自立支援システム開発室