Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

骨格筋分化の分子メカニズム

電子書籍のみ

  • 荒巻 敏寛ほか(東京医科歯科大学)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    筋形成は組織発生,細胞分化の分子メカニズム解明のためモデル系として古くから研究が進められてきた.骨格筋分化過程においては,筋分化マスター遺伝子として知られるMyoD をはじめとした筋分化制御因子(myogenic regulatory factor,MRF)が中心的な役割を担っている.近年,転写制御因子RP58(Zfp238)の発見により筋分化運命を安定化する新たな制御機構が明らかになった.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Molecular mechanism of myogenesis
荒巻 敏寛 浅原 弘嗣
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科システム発生・再生医学分野