Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

骨格筋幹細胞─最新基礎知見を踏まえて

電子書籍のみ

  • 橋本 有弘(国立長寿医療研究センター)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    加齢依存的筋量減少症(サルコペニア)の発症機序については,まだ不明の点が多く,科学的証拠に基づいた予防法・治療法の開発は,今後の大きな課題である.最近,サルコペニアの発症に骨格筋に存在する組織幹細胞「筋サテライト細胞」が関与している可能性が議論され,サルコペニアにおける筋幹細胞の役割が注目されている.最新の知見を踏まえて,サルコペニアにおける筋サテライト細胞の役割について解説する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Muscle satellite cells: Possible role in sarcopenia
橋本 有弘
国立長寿医療研究センター再生再建医学研究部