Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

筋肉からみた骨粗鬆症

電子書籍のみ

  • 岸本 光司ほか(東北大学)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    骨粗鬆症治療の目的は骨折を予防することである.骨折の契機となることが多い転倒を予防するためには筋力を維持・増強する必要がある.ビタミンDの投与は骨代謝を改善するのみならず,転倒の予防にエビデンスがある.また,脊柱が変形すると背筋に脂肪変性がみられる.この変化は回復しにくいと考えられており,脂肪変性に関するさらなる研究が望まれる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Osteoporosis from the standpoint of skeletal muscle
岸本 光司 奥野 洋史 井樋 栄二
東北大学整形外科