Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

筋肉と骨折―骨折のリスクファクターとしてのサルコペニア

電子書籍のみ

  • 飛田 哲朗ほか(名古屋大学)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    加齢性の筋肉減少症であるサルコペニアは,高齢者の転倒,歩行移動能力低下の原因として重要視されているが,骨粗鬆症患者における実態はいまだ不明な点が多い.骨粗鬆症性骨折(大腿骨近位部骨折,椎体骨折)患者においては対照と比し,有意に補正四肢筋量が低く,サルコペニアの有病率が高く,骨折の独立したリスク要因だった.サルコペニアの診断,治療が,骨粗鬆症性骨折の予防に有効である可能性がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Sarcopenia as a potential risk factor for osteoporotic fracture
飛田 哲朗* 原田 敦**
*名古屋大学整形外科
**国立長寿医療研究センター