Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

虚弱,サルコペニアの疫学―日本人データから―

電子書籍のみ

  • 幸 篤武ほか(国立長寿医療研究センター)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    日本では,高齢者人口の約4% が虚弱の行政的定義である二次予防事業対象者に該当した.一般住民を対象とするコホートでは,筋量を指標としたサルコペニアは,65 歳以上の男性の約37%,女性の約23% に認められた.筋力および運動機能を指標とするサルコペニアの有病率は,男性と比較して女性で多かった.虚弱とサルコペニアはともにパラダイムシフトが進んでおり,疾病や生活習慣などを含めた包括的な評価が必要と考えられた.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

The frailty and sarcopenia among Japanese elderly
幸 篤武* 安藤 富士子** 下方 浩史*
*国立長寿医療研究センター予防開発部
**愛知淑徳大学健康医療科学部