Bone Joint Nerve通巻第8号第3巻第1号

サルコペニア,虚弱の臨床的意義

電子書籍のみ

  • 千田 一嘉(国立長寿医療研究センター)
  • 発行日:2013年01月10日
  • 〈抄録〉
    サルコペニア(Sarcopenia)は加齢に伴う骨格筋量と筋力・身体機能の低下を指し,全身性に進行し,要介護さらに死に至る危険が高まる症侯群である.サルコペニアは虚弱(Frailty)や転倒・骨折などと関連し,栄養・運動・ホルモン療法プログラムの確立が期待される.虚弱(Frailty)は加齢に伴い累積的・複合的に生体機能が低下することで,外界のストレスに身体恒常性が維持できず,施設入所・入院,さらに死亡の可能性が高まる.虚弱(Frailty)はサルコペニアと重なる部分も大きいが,精神・社会的要因も加えた,臓器や疾患にとらわれない包括的な視点である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Clinical significance of sarcopenia and frailty
千田 一嘉
国立長寿医療研究センター