肝胆膵第82巻第6号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/分枝型IPMNの長期予後と進展様式
  • 発行日:2021年06月28日
  • 〈企画趣旨〉分枝型IPMNの経過観察症例が全国的に増加し,長期予後が明らかになってきた.また,2017年に国際診療ガイドライン第3版が発刊されて3年経過し,検証が進んできた.さらに,IPMN由来癌,併存癌についての理解や新たな発癌進展形式が明らかになりつつある.そこで,長期予後の視点からIPMNをめぐる現状および問題点を明らかにし,今後の診療に役立てる.

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕IPMN診療の進歩を支えた日本人研究者の偉業 東北大学 正宗 淳
Ⅰ.IPMNの長期予後
単施設多症例によるIPMNの長期予後 東京大学 大山 博生,他
全国多施設共同研究によるIPMN長期予後 九州大学 井手野 昇,他
IPMN切除後の長期予後および残膵病変の病理学的特徴 福岡大学筑紫病院 宮坂 義浩,他
High risk stigmata非切除例の予後 神戸大学 酒井 新,他
Worrisome feature非切除例の長期予後 岡山大学 加藤 博也,他
Ⅱ.IPMN由来癌と併存癌
IPMN併存癌の特徴−予後,遺伝子異常など通常型膵癌と比較して− 神戸大学 辻前 正弘,他
併存癌と鑑別が必要なIPMN由来癌の特徴 順天堂大学 福村 由紀,他
IPMN隣接併存癌 東北大学 大森 優子,他
Ⅲ.IPMN 国際診療ガイドライン第3版の検証
ガイドライン切除例の成績からみた検証 静岡県立静岡がんセンター 大木 克久,他
壁在結節の検査法による差異 CT vs. EUS 千葉大学 三島 敬,他
IPMNにおける造影超音波内視鏡の有用性 和歌山県立医科大学 山下 泰伸,他
IPMNにおけるERCPの適応 JA尾道総合病院 栗原 啓介,他
膵嚢胞性腫瘍に対するEUS-guided tissue acquisitionの適応 東京大学 中井 陽介,他
経過観察法・間隔の妥当性,MRCPの位置づけ 山梨大学 川上 智,他
今後の改訂に向けて:分枝型IPMNの診療方針選択のアルゴリズム−結節径の悪性診断能と悪性予測モデルの導入− 愛知県がんセンター 清水 泰博,他
座談会
IPMN長期予後と進展様式 (司会)多田 稔(千葉医療センター)/大塚 隆生(鹿児島大学)/古川 徹(東北大学)/安田 一朗(富山大学)