肝胆膵第79巻第3号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/進化する肝細胞癌の薬物療法―2019 Update(Part 2)
  • 発行日:2019年09月28日
  • 〈企画趣旨〉
    2007〜2016年までの10年間ソラフェニブ1剤のみの時代が長く続いたが2017〜2018年までの2年間でレンバチニブ、レゴラフェニブ、ラムシルマブ、cabozantinibの臨床試験が成功し既にレンバチニブ、レゴラフェニブは日本で承認され現在、臨床使用されている。また2019年にはラムシルマブも承認予定となっている。免疫チェックポイント阻害剤も単剤治療としては一次治療薬としてのニボルマブと二次治療薬としてのペムブロリズマブの第相臨床試験が進行していたが、ペムブロリズマブに関しては2019年2月19日、primary endpointであるPFS, OSともに満たさずnegativeな結果に終わったことがプレスリリースされた。しかし現在、免疫チェックポイント阻害剤とほかのチェックポイント阻害剤との組み合わせの第相試験や抗VEGF抗体やTKIとの組み合わせの臨床試験が進行中である。本特集号では特にIntermediate stage 肝癌の治療戦略、根治的治療後のアジュバント治験、免疫療法などに焦点を絞りup-to-dateな肝細胞癌治療体系についての展望を各専門家にご解説いただくこととした。

書籍・雑誌のご購入

4,320円(税込)

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕癌治療と刃物 国立がん研究センター 荒井 保明
特別座談会
急速に進む肝細胞癌治療のパラダイムシフト (司会) 工藤 正俊(近畿大学)/相方 浩(広島大学)/池田 公史(国立がん研究センター東病院)/宮山 士朗(福井済生会病院)
Ⅰ.TACEと分子標的治療薬の併用療法の臨床試験
これまでのnegative試験の総括 愛知県がんセンター 稲葉 吉隆,他
TACTICS trialの結果と意義 近畿大学 工藤 正俊
TACEと分子標的治療薬の併用療法のこれから 神奈川県立がんセンター 森本 学,他
Ⅱ.切除・ablation後のアジュバント試験
肝細胞癌に対する根治治療後のアジュバント療法 金沢大学 寺島 健志,他
ニボルマブによる根治治療後の再発抑制試験(CheckMate 9DX trial) 北海道大学 小川 浩司,他
Ⅲ.Intermediate stage肝細胞癌の予後をいかに向上させるか
根治的TACEの必要性−放射線科の立場より− 福井県済生会病院 宮山 士朗
肝細胞癌の予後改善のためのintermediate stageの治療戦略−肝臓内科医の立場より− 近畿大学 上嶋 一臣
Intermediate stage HCCの治療戦略−腫瘍内科医の立場より− 国立がん研究センター東病院 池田 公史
複数の薬物療法時代におけるTACE不適の概念とレンバチニブ先行TACE療法の確立 近畿大学 工藤 正俊
Ⅳ.分子標的治療薬における奏効と予後の関係
肝細胞癌の分子標的治療における奏効と予後の関係 近畿大学 工藤 正俊
Ⅴ.多発肝癌と脈管浸潤肝癌における治療方針:動注か分子標的治療薬か
肝内多発肝細胞癌と脈管浸潤肝細胞癌における治療方針−動注化学療法か分子標的薬治療か− 千葉大学 小笠原 定久,他
Ⅵ.免疫チェックポイント阻害剤による単剤治療
一次治療としてのニボルマブによる第Ⅲ相試験のデザイン(CheckMate 459試験) 名古屋大学 葛谷 貞二,他
Child-Pugh B肝癌患者におけるニボルマブの有効性と安全性(CheckMate 040コホート5 trial) 近畿大学 工藤 正俊
ペムブロリズマブによる二次治療のphaseⅢ試験結果(KEYNOTE 240試験) 高松赤十字病院 小川 力,他
Tislelizumabによる一次治療のphaseⅢ試験デザイン(RATIONALE-301試験) 和歌山県立医科大学 井田 良幸,他
Ⅶ.免疫チェックポイント阻害剤同士の併用療法
PD-1/PD-L1抗体とCTLA-4抗体の併用臨床試験のrationale 近畿大学 工藤 正俊
CheckMate 040試験のcohort 4試験(ニボルマブ+イピリムマブ)の結果 京都府立医科大学 森口 理久,他
デュルバルマブ(抗PD-L1抗体)+tremelimumab(抗CTLA-4抗体)の臨床試験の概要 近畿大学 工藤 正俊
Ⅷ.免疫チェックポイント阻害剤と抗VEGF抗体・TKIとの併用療法
PhaseⅠb試験での免疫チェックポイント阻害剤と抗VEGF抗体・分子標的治療薬との併用試験のrationaleとこれまでの成績の総括 近畿大学 工藤 正俊
アベルマブとアキシチニブの併用療法phaseⅠb試験の結果と解釈 武蔵野赤十字病院 黒崎 雅之,他
アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用phaseⅠb試験のupdated data 杏林大学 岡野 尚弘,他
アテゾリズマブ+ベバシズマブvsソラフェニブ(IMbrave150試験)の概要 広島大学 相方 浩,他
レンバチニブ+ペムブロリズマブ併用療法の第Ⅰb相試験−updated data 杏林大学 古瀬 純司
LEAP-002試験(レンバチニブ+ペムブロリズマブ)のtrial design 武蔵野赤十字病院 土谷 薫,他
シリーズ 肝胆膵と医療安全
インフォームド・コンセントに必要な要点 京都大学 松村 由美