Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

距骨壊死に対する人工距骨置換術

電子書籍のみ

  • 谷口 晃ほか(奈良県立医科大学)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    距骨は表面積の約70%を関節軟骨に覆われているため骨膜血行に乏しく骨壊死に陥りやすい.発症初期であれば保存療法に反応することもあるが,進行期に至れば観血的治療が必要となる.距腿関節固定術や脛踵間固定術では脚長差が生じる場合や不安定性を生じる場合がある.健側のCT情報を基に作成したアルミナセラミック製人工距骨を用いた置換術は早期から荷重歩行を行え,脚長差を生じることなく関節機能を温存できる有効な治療法である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Artificial whole talar prosthesis for aseptic necrosis of the talus
谷口 晃 田中 康仁
奈良県立医科大学整形外科