Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

外反扁平足を伴ったリウマチ足に対する人工足関節置換術

電子書籍のみ

  • 平尾 眞ほか(国立病院機構大阪南医療センター)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    関節リウマチに対しタイトな薬剤コントロールを行ったうえで,後足部の外反扁平変形・offset 変形を可及的に矯正し,距骨下関節や距舟関節固定術をまず行い,骨癒合が得られたら残存する外反変形に対して人工足関節置換術を行う.その際に骨性・軟部組織性両方の要素,下肢全体の荷重軸を考慮した術前計画・処置・脆弱化した骨の補強が総合的に行われるべきだと考えている.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Strategy for total ankle arthroplasty in rheumatoid pes planovalgus deformity
平尾 眞 橋本 淳
国立病院機構大阪南医療センター整形外科・リウマチ科