Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

踵骨を含む下肢全長撮影(Hip to calcaneus view)を用いた後足部障害の評価と治療

電子書籍のみ

  • 原口 直樹(東京警察病院)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    アライメント異常を伴う後足部の障害において,下肢全体の機能軸(荷重軸)が足関節のどこを通るかを評価するために,股関節から踵骨までを1枚のX線写真に描出する撮影(Hip to calcaneus view,以下HC view)を考案した.撮影手技とその臨床応用を述べる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Hip to calcaneus view for treatment planning and evaluation of hindhoot disorders
原口 直樹
東京警察病院整形外科