Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

外反母趾に対する最小侵襲骨切り術(DLMO法)

電子書籍のみ

  • 須田 康文(慶應義塾大学)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    近年,外反母趾に対する最小侵襲中足骨骨切り術が注目されている.DLMO法はこのうち,小皮切下に第1中足骨を遠位で骨切りし,MTP 関節内側関節包の縫縮を行うことなく,キルシュナー鋼線1本で骨片間を固定するという単純な術式である.軽度から中等度の外反母趾が本術式のよい適応となるが,外側軟部組織解離を加えることで重度例への応用も可能である.短期成績は安定しているが,長期成績については今後明らかにしていく必要がある.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Minimally invasive metatarsal osteotomy(DLMO)for the correction of hallux valgus deformity
須田 康文
慶應義塾大学整形外科