Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

外反母趾のX 線所見における予後予測因子

電子書籍のみ

  • 常徳 剛ほか(大阪医科大学)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    外反母趾に対する矯正術後のX線所見における予後予測因子について文献的に調査し解説した.X線計測の基準となる中足骨骨軸の決定にはShimaらの方法を用いる.外反母趾再発では重度外反母趾例,種子骨偏位の整復不十分例,Round徴候陽性例で危険性が高い.内反母趾では高齢術前第1第2中足骨間角20°以上,術直後外反母趾角が6°以下,または術後早期外反母趾角が7°以下であれば危険性が高くなる.危険因子に注意して治療を行うことが治療成績の向上につながると考える.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Radiographic predictors of surgical outcome in correction of hallux valgus
常徳 剛 奥田 龍三
大阪医科大学整形外科