Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

3D / 2Dレジストレーションを用いた人工足関節の生体内動態解析

電子書籍のみ

  • 山口 智志(千葉大学)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    人工足関節は人工膝,股関節と比べて緩みの頻度が高く,異常な関節動態や関節面の不適合がその一因とされている.本稿では,近年の人工足関節のバイオメカニクス研究の知見について概説する.また,われわれが行った3D/2Dレジストレーションを用いた人工足関節(TNK ankle)の荷重運動下での生体内動態計測の結果を述べる.内外旋,回内外可動域が正常足関節と比べ小さいこと,半数以上で関節面不適合が生じることが明らかになった.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

In vivo kinematic analysis of total ankle arthroplasty using 3D/2D registration
山口 智志
千葉大学大学院医学研究院整形外科