Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

創外固定による内反尖足変形の矯正

電子書籍のみ

  • 大関 覚(獨協医科大学越谷病院)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    内反尖足変形は,麻痺性疾患や先天性内反足で起こり,筋力不均衡や筋腱の低形成を背景としている.3次元的変形で後足部に対する前足部の回内方向へのねじれを含む。前足部の内転・回内変形と踵骨内反変形を一期的に矯正し、単純な尖足変形にできると矯正が容易になる.足底面に平行に足部リングを設置すると,早期荷重歩行が可能である.4 cm隙間を開けて逆向のリングを追加し2階建てリングにすると,固定力が向上し,ヒンジやロッドの設置が容易になる.一期的尖足の矯正では,足根管の神経血管束を伸長しすぎる危険があり,変形が高度の場合は暫時矯正を行うのが安全である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Treatment of the equino-cavo-varus deformity with mid-tarsal Osteotomy and external fixator
大関 覚
獨協医科大学越谷病院整形外科