Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

足底腱膜炎に対する鏡視下腱膜切離術

電子書籍のみ

  • 高尾 昌人(帝京大学)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    内視鏡視下足底腱膜部分切除術は,1991年にBarrette SLらにより初めて報告された.Barretteの術式は,足底腱膜の底側からのinfra-fascial approachであるが,筆者は良好な視野と十分なワーキングスペースが得られるsupra-fascial approach法を採用している.本術式では,足底腱膜変性部の全層にわたる確実な切除だけでなく,踵骨棘も容易に切除することができる.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Endoscopic surgery using supra-fascial approach for the treatment of plantar fasciitis
高尾 昌人
帝京大学整形外科