Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

創外固定によるリウマチ性足関節変形の矯正

電子書籍のみ

  • 門野 邦彦ほか(宇陀市立病院)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    一期的に矯正が困難な関節リウマチによる重度の後足部変形に対して,Taylor Spatial Frame(TSF)創外固定器を用い,緩徐に変形を矯正した後,二期的に関節固定術などを行った.TSFは,RAの脆弱な骨に対しても十分な固定性と矯正力があり,プログラムにより複雑な矯正操作も簡便に行うことができた.本法により,一期的矯正による皮膚や軟部組織の障害が予防でき,拘縮があっても安全に矯正が行え,有用と考えられた.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Two-staged surgery with Taylor Spatial Frame for severe hindfoot deformity in rheumatoid arthritis
門野 邦彦* 前川 尚宜** 田中 康仁***
*宇陀市立病院整形外科
**奈良県立医科大学救急科
***奈良県立医科大学整形外科学教室