Bone Joint Nerve通巻第7号第2巻第4号

変形性足関節症に対する遠位脛骨斜め骨切り術

電子書籍のみ

  • 寺本 司(大洗海岸病院)
  • 発行日:2012年10月10日
  • 〈抄録〉
    内反型および外反型変形性足関節症にたいする遠位脛骨斜め骨切り術は脛骨遠位部を斜めに骨切り・開大,骨移植することにより,足関節のtotal contact,足関節のstabilityの獲得,足部のalignmentの矯正を目指した矯正骨切り術である.また遠位脛骨関節内骨切り術や外傷後の変形性足関節症や変形癒合に対する手術療法のコンセプトは遠位脛骨斜め骨切り術と全く同じである.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Distal tibial oblique osteotomy treated for the osteoarthritis of the ankle joint
寺本 司
大洗海岸病院