肝胆膵第84巻第4号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/鉄と肝がん:肝胆相照らす
  • 発行日:2022年04月28日
  • 〈企画趣旨〉
    鉄は酸素同様すべての生物の生存に不可欠な遷移元素であり,鉄含有蛋白は種々の酵素をはじめとして重要な細胞機能を担う.しかしながら,過剰の鉄はラジカルを産生し細胞障害やDNA障害を引き起こす.一方,余剰な鉄の大半は肝臓に蓄積される.したがって,ヘモクロマートシスのみならず肝内鉄含有量が増加するC型肝炎やアルコール性肝障害,非アルコール性脂肪性肝炎は鉄と関連した肝発癌の危険性に曝されている.また,2012年Cellに発表された鉄依存性の新たなプログラム細胞死であるFerroptosisは,最近癌に対する新たな治療標的としても注目されている.これまで「肝胆膵」では疾患を縦割りにした特集がほとんどであったが,本企画では鉄を基軸として肝疾患を横断的に俯瞰し,鉄代謝の総合的な理解を基盤として鉄代謝障害による肝内鉄蓄積,肝発癌の機序そしてferroptosisやミトコンドリアの鉄を標的とした新たな治療の可能性ついて最新の知見を紹介したいと考えている.

書籍・雑誌のご購入

3,960円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕鉄蓄積は肝発癌のリスク因子である 札幌医科大学 加藤 淳二
Ⅰ.鉄代謝機構
 肝細胞の鉄取り込み,細胞内鉄輸送,鉄排出,鉄蓄積 京都大学 簗取 いずみ
 細胞内鉄制御機構-IRE-IRPシステム- 旭川医科大学 齋藤 豪志,他
 生体内鉄制御機構-ヘプシジン制御機構を中心に- 川崎医科大学 仁科 惣治,他
Ⅱ.肝疾患における肝内鉄蓄積
 ヘモクロマトーシス 産業医科大学 原田 大,他
 鉄とHCV 東京大学 森屋 恭爾
 アルコール関連肝疾患における鉄動態の変化 順天堂大学 今 一義
 非アルコール性脂肪肝炎-鉄吸収亢進の観点から- 札幌医科大学 田中 信悟,他
 非アルコール性脂肪肝炎-レチノイドシグナルの視点より- 鳥取大学 土谷 博之,他
Ⅲ.鉄からみた肝発癌機構と治療標的
 フェロトーシスと発がん 名古屋大学 赤塚 慎也,他
 肝臓癌の進展におけるNrf2と鉄代謝 東北大学 田口 恵子
 酸化的DNA損傷修復酵素遺伝子の一塩基多型と肝細胞癌 札幌医科大学 宮西 浩嗣,他
 鉄動態の制御と肝癌の進行 熊本大学 金森 耀平,他
 肝細胞癌治療としての分子標的治療薬とフェロトーシス 九州大学 伊藤 心二,他
 ミトコンドリアの鉄を標的とした肝発癌抑制 川崎医科大学 原 裕一,他
鼎 談
 鉄から肝がんを考える
 (司会)日野 啓輔(川崎医科大学)/加藤 淳二(札幌医科大学)/大原 利章(岡山大学)

第24回日本肝がん分子標的治療研究会優秀論文記録集
京都大学 西尾 太宏,他/長崎大学 佐々木 龍,他/大阪大学 前阪 和城,他/京都大学 恵荘 裕嗣,他/九州がんセンター 杉本 理恵,他/虎の門病院肝臓センター 川村 祐介,他/千葉大学 宇野澤秀美,他/東京大学 山田 友春,他/広島大学 網岡  慶,他