臨床精神医学第48巻第4号

TBI に対する精神療法の現状とanger burst(怒りの爆発)に修飾型CBTが奏効した2 症例─“怒りの向こう側”が見えると,怒りが視野から消える─

  • 宗 未来・他(東京歯科大学市川総合病院)
  • 発行日:2019年04月28日
  • 〈抄録〉
    TBIにおける感情障害は,深刻な問題である。しかし,大多数は身体的リハビリテーションや認知リハビリテーションは受けるにも関わらず,心理学的なリハビリテーションは重視されずにいる。その理由として,TBIの感情制御障害は高次脳機能障害による器質的原因だという誤認や,認知機能が落ちているので精神療法の効果は期待できないという思い込みが指摘されている25)。本稿では,TBIにおける感情障害の現状およびそれに対するCBTを中心とした精神療法の現状について概説後,anger burstに修飾型CBTが奏効した2症例を提示し,筆者なりの考察を加えたい。

詳細

Two cases of cognitive behavioural therapy for anger burst among individuals with acquired brain injury: case report and review of literature
宗 未来*1 堀田 章悟*2 三村 將*2
*1東京歯科大学市川総合病院精神科 
*2慶應義塾大学医学部精神神経科学教室