臨床精神医学第48巻第4号

TBI 後の高次脳機能障害(総論)

  • 青木 重陽(神奈川リハビリテーション病院)
  • 発行日:2019年04月28日
  • 〈抄録〉
    TBIでは認知障害や行動障害を伴い日常生活や社会生活に困難をきたすことがよくみられる。わが国では,高次脳機能障害モデル事業を通じて,これらの概念の説明に高次脳機能障害という用語が用いられた。この中で,高次脳機能障害は記憶障害,注意障害,遂行機能障害,社会的行動障害などからなるとされている。高次脳機能障害という用語とその周辺の概念の整理は,TBIの後遺症状の理解とその対応に大きな意味を持った。ただ,TBI後に起こってくる症状は多岐に渡り,それぞれがお互いに関連して複合的な臨床像を形成している。この複雑な状態を一つの枠組みの中に収めこむことは難しい。TBI後の高次脳機能障害という概念にはこうした背景も反映がされている。

詳細

Cognitive and behavioural sequence after TBI
青木 重陽
神奈川リハビリテーション病院リハビリ科第二