臨床精神医学第48巻第4号

頭部外傷後遺症の鑑別疾患

  • 山里 道彦(筑波記念病院)
  • 発行日:2019年04月28日
  • 〈抄録〉
    頭部外傷のさまざまな後遺症診断において,精神科医療の現場では,認知症・ストレス関連障害・統合失調症・精神遅滞などとの鑑別が問題となる。DSM-5では,頭部外傷後遺症の中でなんらかの認知障害を持つものを外傷性脳損傷と定義している。その診断には,意識喪失・外傷後健忘・失見当識・神経学的徴候のいずれかが必須とされ,さらに急性期より継続するものと明記された。鑑別診断では,これらの確認が決め手になるが,情報が不十分あるいは不明確な場合もしばしばみられる。このため,受傷前後の経過を丁寧に確認していくことや,さまざまな評価の工夫が求められる。

詳細

Differential diseases in the diagnosis of head trauma sequelae
山里 道彦*1,2,3
*1筑波記念病院精神科 
*2ひだクリニック 
*3北水会記念病院 脳神経外科