Bone Joint Nerve通巻第6号第2巻第3号

人工股関節の感染治療

電子書籍のみ

  • 伊藤 浩(旭川医科大学)
  • 発行日:2012年07月10日
  • 〈抄録〉
    人工股関節置換術(THA)の摩耗や弛みの問題が解決しつつある現在,手術部位感染は静脈血栓塞栓症と並びTHAの最も重篤な合併症である.深部感染の発生頻度は,初回THAで0.2〜2%程度であり,表層感染も含めると3%程度である.インプラントを保持または入れ替えることにより,下肢の機能を保つことを治療の目標とし,手術的なデブリドマンならびに抗生物質投与が治療のかなめとなる.重篤な感染ではインプラントの抜去が必要となる.

電子書籍のご購入

1,324円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Treatment of infection after total hip arthroplasty
伊藤 浩
旭川医科大学整形外科