Bone Joint Nerve通巻第6号第2巻第3号

壊死性筋膜炎・ガス壊疽の診断と治療

電子書籍のみ

  • 黒住 健人(帝京大学)
  • 発行日:2012年07月10日
  • 〈抄録〉
    ガス壊疽に代表される軟部組織の重篤な感染症に対して歴史的にさまざまな名称が用いられてきたが,近年では重症軟部組織感染症を一括して壊死性軟部組織感染症として取り扱うことが多い.本感染症は組織循環障害を伴いながら急速に進行し,生命にかかわる敗血症を引き起こすため,早急に治療を開始する必要がある.治療は外科的治療を優先し,同時に検体のグラム染色を行い,起炎を絞り込みながら抗菌薬を選択し投与する.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Diagnosis and treatment for necrotizing fasciitis and gas gangrene
黒住 健人
帝京大学医学部附属病院外傷センター