Bone Joint Nerve通巻第6号第2巻第3号

骨折観血的内固定後の感染治療

電子書籍のみ

  • 石井 朝夫(東京医科大学)
  • 発行日:2012年07月10日
  • 〈抄録〉
    骨折観血的内固定後に感染を発症した場合の治療のプロトコールは確立していないが,その感染症の部位,範囲,重症度に応じて,治療方針を決めていくことになる.骨髄炎におけるCierny-Maderの解剖学的分類は,骨髄炎の局在と範囲により,治療方針を決めていく考え方であるが,それを応用することにより,骨折観血的内固定術後感染の治療方針を合理的に理解することが可能である.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Treatment for postoperative infection after internal fixation of the fracture
石井 朝夫
東京医科大学茨城医療センター整形外科地域医療人材育成寄附講座