Bone Joint Nerve通巻第6号第2巻第3号

化膿性脊椎炎の診断と治療

電子書籍のみ

  • 寺山 星ほか(武蔵野赤十字病院)
  • 発行日:2012年07月10日
  • 〈抄録〉
    化膿性脊椎炎は近年増加しており,compromised hostが治療に難渋する傾向にある.当科における最近15年間の化膿性脊椎炎で入院治療した117例について検討し,標準的診断,治療法やその問題点を検討した.compromised hostが約53%,起因菌が同定できたのは約60%であった.compromised hostの起因菌はセフェム系抗菌薬に感受性がない頻度が高く,広範囲スペクトルの抗菌薬や抗MRSA薬の使用も検討すべきと考えられた.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Diagnosis and treatment of pyogenic spondylitis
寺山 星 山崎 隆志
武蔵野赤十字病院整形外科