Bone Joint Nerve通巻第6号第2巻第3号

PCRによる感染症の診断

電子書籍のみ

  • 稲葉 裕ほか(横浜市立大学)
  • 発行日:2012年07月10日
  • 〈抄録〉
    骨・関節感染症は早期診断に基づく早期からの治療開始が必要であり,診断や治療開始が遅れると難治性になる可能性が高い.近年,従来から感染診断のゴールドスタンダードとされてきた細菌培養検査では検出が不可能な,いわゆる“low-grade infection”の存在が明らかになるにつれて,その確実な診断は難しくなっている.細菌性DNAを検出するpolymerase chain reaction(PCR)法を用いた分子生物学的診断は感度,特異度が高く,今後の発展が期待される.

電子書籍のご購入

1,300円(税込)

決済方法:クレジットカード
ご購入には会員登録が必要です
電子書籍の返品はできません

カートに入れる

デモ版ご確認のお願い

初めて電子書籍をご購入される際は、事前にデモ版をご覧いただき、ご利用される環境での動作確認を行ってください。

デモ版を見る

電子書籍の閲覧にはインターネットに接続された環境が必要です。オフラインではご利用いただけません。

電子書籍の動作環境

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

Diagnosis of infection using real-time polymerase chain reaction
稲葉 裕 小林 直実 齋藤 知行
横浜市立大学医学部整形外科