臨床精神医学第51巻第2号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/精神医学における症例報告の意義
  • 発行日:2022年02月28日
  • <企画趣旨>
    たった1例の症例報告がそのフィールドを大きく変えた例は,前頭葉損傷のゲージ氏,海馬切除術のH.M.氏をはじめとして,枚挙にいとまがない。個人情報が課題となる現代においても,1例の貴重な経験を医療従事者が共有して,未来の精神医学に繋げる礎とすることは,意義あることである。本特集では,精神医学の歴史を変えた症例報告に焦点をあてると共に,いわゆる症例報告とはいえないかも知れないが,関連した領域である病跡学,司法精神医学,当事者研究や,現代における症例報告の意義とその課題について考えてみたい。

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

<目次>
神経心理学における歴史的症例報告が精神医学に与えたインパクト
 ―症例Phineas Gage を例として―(京都大学)三嶋 亮・他
精神分析における歴史的症例報告が精神医学に与えたインパクト
 ―症例アンナ・O を例として―(京都大学)松本 卓也
精神医学における症例報告の意義(東京都医学総合研究所)糸川 昌成
病跡学(パトグラフィ)の現状と課題(獨協医科大学埼玉医療センター)田中 伸一郎
金閣放火事件被告人A―司法精神医学における症例報告の意義と課題―(慶應義塾大学)村松 太郎
精神医学・遺伝学における症例報告の意義と倫理(名古屋大学)久島 周
当事者による症例報告
 当事者研究と当事者批評が精神医学を変える可能性(京都府立大学)横道 誠
専門医研修における症例報告の意義(愛媛大学)上野 修一
症例報告の執筆,投稿,改訂,受理,掲載(藍里病院あいざと精神医療研究所)大森 哲郎
精神科領域における症例報告の倫理(神奈川歯科大学)栗原 千絵子
症例報告の法的取り扱いについて(浜松医科大学)大磯 義一郎
研究報告
生活困窮者支援におけるアセスメントの現状と課題 明翫 光宜・他