肝胆膵第83巻第1号

書籍・雑誌販売のみ

  • 特集/ガイドライン2020から読み解くNAFLD/NASH
  • 発行日:2021年07月28日
  • 〈企画趣旨〉NAFLD/NASH診療ガイドライン2020年版が前回2014年版から6年ぶりに発行された.前回版が発行された2014年からさまざまな新規知見,臨床エビデンスが得られたことに伴い各所が改訂されている.本特集では前回ガイドラインからの追加・変更点を中心に専門家の先生方に解説いただき,NAFLD/NASHの理解を深める.

書籍・雑誌のご購入

3,850円(税込)送料無料

決済方法:クレジットカード

カートに入れる

返品について

お気に入り登録にはログインが必要

詳細

〈目次〉
〔巻頭言〕NAFLD/NASH病態解明のパラダイムシフト 三重大学 竹井 謙之
Ⅰ.疫学・病態
NAFLDの概念・定義の変遷 順天堂大学 池嶋 健一
NAFLD/NASHの有病率の変遷−非肥満者におけるNAFLD/NASHの有病率は− 東京女子医科大学 小木曽 智美,他
NAFLD/NASHの病態形成と遺伝子多型 京都府立医科大学 伊藤 義人,他
NAFLD/NASHと肥満,インスリン抵抗性 奈良県立医科大学 藤永 幸久,他
腸内細菌,Leaky gut とNAFLD/NASH 横浜医療センター 小川 祐二,他
サルコペニアとNAFLD/NASH 岐阜大学 清水 雅仁,他
Ⅱ.診 断
日常診療でのNAFLD/NASHの拾い上げとハイリスク症例の囲い込み 武蔵野赤十字病院 玉城 信治,他
肥満や2 型糖尿病患者にNAFLD/NASHのスクリーニングをいかに行うべきか 香川大学 小野 正文,他
NAFLD/NASHの超音波診断 北海道大学 小川 浩司,他
NAFLD/NASHのMRI診断 山梨大学 前川 伸哉
現時点でのNAFLD患者における肝生検の適応 大阪大学 鎌田 佳宏
Ⅲ.治 療
NASHに対する治療のエビデンス 愛知医科大学 米田 政志
アルコール摂取はNAFLD/NASHの病態へ影響するか 三重大学 重福 隆太,他
糖尿病薬のNAFLD/NASHにおけるエビデンス ロコメディカル総合研究所 江口 有一郎
将来 NAFLD/NASH に有用性が期待できる薬剤は 横浜市立大学 本多 靖,他
NASH進展肝不全に肝移植は有用か 九州大学 原田 昇,他
Ⅳ.予 後
NAFLD患者の予後における肝疾患関連イベントのインパクトと肝癌サーベイランス 虎の門病院肝臓センター 芥田 憲夫
NAFLD/NASHにおける脳・心血管イベントリスクの絞り込み 東京大学 大塚 基之
座談会
NAFLD/NASH 疾患の理解を深める (司会)坂本 直哉(北海道大学)/徳重 克年(東京女子医科大学)/吉治 仁志(奈良県立医科大学)