Bone Joint Nerve通巻第33号第9巻第2号

内側弛緩は患者満足度を低下させる

  • 小豆澤 勝幸ほか(京都大学)
  • 発行日:2019年04月01日
  • 〈抄録〉
    人工膝関節置換術(TKA)における内外側靱帯の均等なバランス獲得は容易でなく, 特に膝屈曲時のバランス獲得は困難と考えられている.膝関節内側支持機構はTKAの動的安定性に寄与する.伸展時の内側緊張が維持できたが屈曲時の内側弛緩が生じた場合,術後患者満足度の低下を認めた.術中に屈曲時の内側弛緩を改善する手技は確立されていないため,術者は可能な限り内側支持組織の緊張維持に努めるべきである.

詳細

Medial joint laxity in flexion decreases patient satisfaction after total knee arthroplasty
小豆澤 勝幸 栗山 新一 松田 秀一
京都大学大学院医学研究科 感覚運動系外科学講座(整形外科)